• asami

未必の故意【みひつのこい】

最終更新: 8月30日

未必の故意は法律用語であり、「行為者が、罪となる事実の発生を積極的に意図したり希望したりしたわけではないまま、その行為からその事実が起こるかも知れないと思いながら、そうなっても仕方がないと、あえてその危険をおかして行為する心理状態。」で、転じて、今の状況に当てはめると、「このまま、ただ緊急事態宣言の地域を広げていても、新型コロナウイルス感染者が激増するばかりで、医療崩壊の先に死亡者も激増するかも知れないと思いながら、そうなっても仕方がないと、あえてその危険を棚上げして何も対策をしない心理状態」を意味する概念。




#未必の故意 #みひつのこい #コロナ対策 #緊急事態宣言

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示