• asami

いよいよ25日から通常営業か?

更新日:10月20日

今月24日(日)までは「リバウンド防止措置期間」として、夜9時までの時短営業を実施しています。急激に新規感染者が減ったことで、いよいよ25日(月)からは時短営業も解除され、通常営業に戻れそうです。


このところの急激な感染者数の減少については、英国・エディンバラ大学で疫学を研究するマーク・ウールハウス教授によると、デルタ株が従来株よりも顕著な波を描く特性があるためではないかとのことで、デルタ株は急速に感染拡大する特性をもつが、感染の収束も早いという説明をしています。


ただ一方で、今日の報道によると、英国では新型コロナウイルス感染が再拡大しています。昨日(10/18)の1日当たりの新規感染者数が、49,156人というから驚きの数字。さらに驚いたのは、この感染者数が、コロナ規制が全面的に解除(7/19)される数日前の人数というからビックリ。そんな大勢の感染者数が出ているのに、屋内でのマスク着用義務、バーやレストランの人数制限、集会の人数制限などが全面的に解除されました。この英国の判断は、日本では到底考えられませんね。結局、7/19から約3ヶ月で再拡大が始まっていることを考えると、先日、東京大学の仲田准教授らの試算で、このまま飲食店などへの時短要請や大規模イベントの制限を撤廃した場合、年末までは感染が抑えられるものの、来年1月以降、徐々に感染者数が増えて行き、解除から3ヶ月後の2月には東京都の1日あたりの新規感染者数は5,000人を超え、第3週には1万人を超えるという予測もあながち突拍子もない数字ではないのかもしれません。


来年2月に再び緊急事態宣言が発出されないことを祈るばかりです。


写真出典:ロイター

ロンドンで6月撮影(2021年 ロイター/Henry Nicholls)

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

なんで2個飛ばしたかと思ったら。。。

先日UPした表を見ていただくとお分かりの通り、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の命名のギリシャ文字が、ν(ニュー)とξ(クサイ)が飛ばされて、いきなりオミクロンになっていたことに疑問を感じていましたが、今日の読売新聞オンラインニュースを見て納得しました。 またもやWHOが中国に忖度した結果が、こうなったんだと。 記事によると、中国共産党総書記の習近平(シージンピン)国家主席の姓と同